一戸建ては注文住宅が人気┃自由度が高いのが魅力

住宅

都市部の住宅を考える

家

都市部における建築工法

横浜市などの大都市部において個人で一戸建てを建築する場合には、ほとんどの場合、注文住宅によることとなります。横浜市のような都市部になればなるほど、土地の区画による制約が大きくなるからです。例えば、近隣の建物が高いため、住宅の高さを高くしなければ、十分な日照を得られる住宅にできないというケースがあります。都市部の場合には建ぺい率や容積率も大きくなるため、自由設計であれば土地にあった住宅を建てることが可能になります。3階建て住宅は一般的で、いかにして狭い土地を有効に活用することができるかが重要です。注文住宅であれば、その土地その土地の形状に合わせて、住み心地の良い住宅を設計することができるのです。

RC住宅のメリット

特に、横浜市の平野部にあっては、一つの区画が狭い住宅地が多いため、狭小住宅の建築を数多く手がけているところに依頼することが大切です。広い土地に注文住宅を建築する場合と、狭い土地に注文住宅を建築する場合では、ベースとなる考え方が異なってきます。狭小住宅では上下の移動をいかにしてスムーズに行うか、どのように収納スペースを設けるかが重要なポイントです。地震が頻発する横浜市の場合には、耐震性でも注意しなければなりません。耐震性を考えた場合、狭小住宅では、RC住宅がおすすめです。木造住宅よりもはるかに耐震性や耐久性が高いですし、狭小住宅のように面積当たりの荷重が多きなるような住宅の場合には、強度の強いRC住宅がその機能を発揮できます。